HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

マンション駐車場空き問題について~外部貸出による課税問題について~

近年の自動車離れや、車の大型化により機械式駐車場が利用できなかったり、近隣の駐車場が比較的安く借りられる場合もあり、今マンション敷地内の駐車場に空きスペースが出てしまい、多くのマンションが問題視しています。

収入不足を埋めようと住民以外への駐車場の貸出を検討するが、駐車場の賃貸収入が組合の収益事業と見なされ、課税対象となり収入増どころかさらに経費がかかってしまうという問題があった。

この課税について、国土交通省が国税庁へ照会を行い、国税庁の回答が平成24年2月3日付てHPに記載され課税対象が明確になった。

(国税庁HP:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/bunshokaito/hojin/120117/besshi.htm

国税庁の回答を要約すると、下記3パターンが考えられる。

①住民や外部利用者の区分無く駐車場の募集をかけ平等に利用する場合、駐車場収入の全てが課税対象となる。

②住民に駐車場の優先権があり、空いている部分に外部利用者を募集し、もし空きがなく住民が希望した場合は、外部利用者へ退去してもらう等の規程を決めている場合、住民使用分は非課税対象となる。

③臨時で貸し出す場合などはすべてが非課税となる。

維持管理費の金額が高い機械式駐車場では、空き駐車場問題は深刻である。

それぞれのマンションで問題点を把握し、解決策のひとつの方法として外部への駐車場貸出を検討してみるのもよいと思われる。(A.S)

▲ページのトップへ