HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

バルコニー・専用庭の使用について

バルコニーや専用庭は、共用部分を独占的に使用できる『専用使用権』が住戸の居住者に与えられています。

財団法人マンション管理センターが作成した使用細則のモデルでは「バルコニー等(バルコニー・玄関扉・窓枠・窓ガラス・1階に面する庭・屋上テラス)の管理のうち、通常の使用に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と負担においてこれを行わなければならない。」と規定しています。要約すると「日常的な管理はその住戸の居住者が行うが、敷地は区分所有者全員の共有なので、現状を大幅に変更するようなことはできない。」という事となる。

区分所有建物のバルコニー等の使用方法を巡っては、区分所有者が自己の専有部分に附属するバルコニーを木製およびアルミサッシ製のわくを付設し、これにアルミサッシ製のガラス戸をはめこんで窓を設置し、保温用発泡スチロールを張りつめて、いわばバルコニー全体をサンルームにしてしまい、これに対しこの区分所有建物管理組合は、管理規約でバルコニー改築禁止を規定しているので、バルコニー全体を温室とする造作を加えることは、この禁止規定に違反する行為であり、撤去するように求める訴えを提起し管理組合側の勝訴となった判例もある。「バルコニー温室事件」(最判昭和50年4月10日)

バルコニー等の変更を考えている場合は、マンション毎に使用細則があると思うので、まずは確認してみて下さい。                                                   (A・S)

▲ページのトップへ