HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

マンション災害時の非常用電源について

先日、自宅地域にて20分程の停電がありました。夕方に発生し、外がすでに暗かったため一瞬にして
すべてが真っ暗となり懐中電灯とスマートフォンの灯りのみが頼りでした。20分という短い時間での
停電でしたが、いかに毎日電力を使用しているのか実感し「いつまで続くのだろう。」という不安や
非常電源の必要性も実感しました。
マンションの共用施設でも、EV、オートロックシステム、水道ポンプ・立体駐車場など、電力で
動いているものはたくさんあります。
東日本大震災の教訓を生かし、最新のマンションでは自前の発電装置を拡充する動きが進んでいます。
その中でも、カーシェアリングで使用している電気自動車のバッテリーを停電時には、非常用コンセ
ントの電源として活用する方法が開発されています。
これは、使用されている電気自動車のバッテリーを集会室内で設けた非常用コンセントに給電すると
外部からの電力供給がない状況でも、ラジオや照明の利用、携帯電話の充電が使用できると考えられ
ています。大掛かりな工事を必要としない為、既存のマンションでも設置ニーズは高まりそうです。
(A.S)

▲ページのトップへ