HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

マンションの火災保険について

 東日本大震災を経験し、今まで漠然としか必要性を感じていなかった、火災保険・地震保険の重要性を再認識しました。
マンションならではの様々なリスクがありますので、その内容をふまえ契約内容を考えなければなりません。

 まず、マンションには共用部分と専有部分があり、個人で加入する場合は、専有部分のみでの契約となります。
共用部分については通常マンション管理組合で契約するのが一般的です。
共用部分の管理が原因で事故が発生した場合、管理組合が損害賠償義務を負ってしまう場合があるからです。
(例:マンションの外壁が剥離、落下してしまい、通行人に損害を与えてしまった。共用部分の給排水管から漏水し、
専有部分に被害を与えてしまった。等)自分のマンション管理組合がどのような火災保険に加入しているか、まずは
確認してみましょう。管理組合で加入している、マンション火災保険に個人賠償責任補償特約など個人で契約する
補償内容と重複している場合があるかもしれません。
色々と複雑な保険は、まず自身がどのような補償をどのぐらい必要かを明確に認識する事が、ムダを省く為の一歩
かもしれません。(A.S)

▲ページのトップへ