HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

日々の業務で思う事

マンション管理業務を行っているうえで日々心がけていることに、管理組合の要望を察知してタイムリーに対応することは基よりですが、もう一つ大切なこととして、法令遵守があります。
業務に関連が深い、いくつかの法令や規約として「区分所有法」や「マンション管理適正化法」、「マンション標準管理規約」、「マンション標準管理委託契約書」等がありますが、その中でも「マンション管理適正化法」にそって日常業務を遂行することはとても重要なことと考えています。

 例えば、「マンション管理適正化法」のなかにある、①委託契約更新前の「重要事項の説明等」、②「契約成立時の書面の交付」、③管理受託契約に係わる「帳簿の作成等」、④事業年度終了後の「管理事務の報告」、⑤「使用人等の秘密保持義務」⑥従業者「証明書の携帯」等、これ等の規定は日頃の業務でよく関係する処です。
また、マンション管理適正化法・施行規則のなかにある、「財産の分別管理」に関しては、⑦-1収納口座と保管口座による管理の方法、⑦-2修繕積立金等一月分以上額の補償契約の締結、⑦-3保管口座の印鑑の保管方法、⑦-4会計の収入及び支出の状況に関する書面の作成、等の規定も例月の業務に深く関係している処です。
 
 学ぶべき法令は、まだまだ沢山ありますが、業務に関連する法令とその内容を、個人及びグループとして正しく理解・共有して、実際の仕事に反映出来るように、これからも心がけたいと考えています。
                                  (N.K)

▲ページのトップへ