HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

マンションの騒音問題について

 マンショントラブルの中でも多くあげられるのが「騒音問題」です。
 家族構成・ライフスタイルの異なる世帯が住むマンションなどの集合住宅では、居住者それぞれが共同して居住していることを理解し、おたがいに配慮して生活することが大切です。
 建物の構造上の問題もありますが、洗濯機や掃除機など家庭用機器からの生活音、テレビやステレオなど音響機器からの音、エアコン、バス・トイレの給排水、ドアの開閉音、足音、話し声や泣き声・笑い声、ペットの鳴き声・・などは時間帯を配慮する、音量に気をつける、窓を閉める、絨毯やカーペットを敷くなどの「工夫・予防」によって最小限にすることができます。
 とはいえ、どんなに気をつけていても発生してしまうのが生活音です。
 居住者によって許容範囲も異なる騒音問題は、マンショントラブルの中でも難しい問題となっています。音の発生源が上の部屋だと思っていたら斜め上の部屋だった・・など、思い込みによる勘違いからトラブルに発展するケースもあります。自分達だけで判断し、直接苦情を伝えることは避け、まずは管理組合や管理会社へ報告・相談し、適切な対応を施してもらうようにしましょう。
 また、生活音のことで周りに迷惑をかけていないか気になる場合は、顔を合わせた時に聞いてみるのも良いかと思います。同じ「音」でも、受け取る側が「生活音」と感じるか「騒音」と感じるかは、日頃から近所づきあいをしているかどうかでも少し変わってくるかもしれません。
(K.M)

▲ページのトップへ