HOME法人のお客さま >マンション管理

マンション管理TOPICS

マンションの管理費と修繕積立金の違いについて

 マンションを購入すると、区分所有者はマンションの維持・管理費用をまかなうために、住宅ローンとは別に毎月管理費と修繕積立金を納めることになりますが、みなさんはこの二つの費用の用途を正しく理解していますか?
 管理費とは、日常的にマンションを管理していくために使われる「一般的な維持・管理・修繕」に要するお金です。主に、管理会社への委託費、共用部分の水道光熱費、火災・地震保険料、電球の取り換えなどの簡単な修繕費用、植栽の剪定費用などがあります。
 一方、修繕積立金とは、マンションの共用部分の定期的な修繕や、10数年ごとに行なう大規模修繕などの「特別な維持・管理・修繕」に要するお金です。主に、外壁の補修、屋上の防水、給水・排水管のメンテナンス工事費、電気設備・エレベーターの改修工事費などがあります。マンションにおいては、一般的に「長期修繕計画」を作成し、その計画に沿って建物の修繕工事を進めますが、多額の費用がかかるため、区分所有者から毎月徴収して積み立てたお金の中からこの修繕工事費用を支払う仕組みとなっています。
 このように、この二つの費用は使いみちが異なり、同じ管理組合のお金でも別会計として扱う決まりとなっているため、修繕積立金として積み立てているお金を管理費として使うことはできません。管理費と修繕積立金は同時に支払うため、用途の違いを明確に意識している方は少ないかもしれませんが、毎月支払っているお金がどのように使われているか、理解することも大切だと思います。(K.M)

▲ページのトップへ